Menu

予防歯科

Home

予防歯科

予防歯科とは

虫歯と歯周病は90%は予防が可能な病気です。

予防歯科とは

当医院では、虫歯予防、歯周病予防を進めていくうえで、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と患者様のお口の中の状態にあわせて検診に来ていただき、より良い口腔内の状態を維持出来る様、歯科医師、歯科衛生士が患者様と一緒に考えていきます。

治療してしっかり治した後は、予防歯科をオススメします。

予防歯科

虫歯は細菌を原因とした感染症です。
つまり、はじめは他人から感染してきます。
まずは、お父様、お母様、ご家族がお口を清潔に保つことがお子様の虫歯予防には大切です。

予防歯科はお子様にこそ必要です!

1.乳歯の虫歯予防

乳歯の虫歯予防

乳歯は3才頃に全部萌えそろいますが、この頃から甘いものを盛んに食べたり飲んだりしやすい時期でもあります。そのため子供さん達の虫歯が急増します。
乳歯はどうせ萌え変わるからといって放っておくと、うまく噛めない為、色々な弊害が出てきます。そのひとつに永久歯の歯並びの悪さの大きな原因ともなります。
黒い虫歯の子供達より、白い歯の口元の方が、どんなに爽やかなことでしょう。

2.幼児期の虫歯予防

幼児期の虫歯予防

この時期にはまず歯磨きの習慣を育児の一つとして身に付けてあげてはいかがですか?この頃には親の真似が盛んになりますので真似から上手に移行させるチャンスなのです。しかしまだ上手に自分の口の中を磨くことが出来ないため、お父さん、お母さんが手を貸してあげ、最後は必ず仕上げ磨きをしてあげて下さい。
虫歯にして病院に子供の手を引きずって連れてくるほどかわいそうな事はありません。どうぞお父さん、お母さん、一緒になって楽しく歯磨きをさせるようにし、好き嫌いのない可愛いお子さんに育てて下さい。

虫歯予防や定期検診もお任せください!

1、定期的な歯垢の除去

歯石除去

家庭での歯磨きだけでは取りきることができない歯垢がでてきます。
そういった歯垢を、2〜3ヶ月に1回程度の頻度で定期的に歯医者に通いクリーニング(歯垢の掃除)を行います。 家庭での虫歯予防を補うものが歯医者での定期的な歯のクリーニング(歯垢の掃除)です。

2、フッ素塗布

フッ素

フッ素には歯の質を強くする効果と、虫歯の原因菌が酸を出すのを抑える効果の、2つの虫歯予防の作用があります。
ですから、相乗効果で虫歯ができる確率を減らし、さらには出来てしまった虫歯の進行を抑える効果もあります。 また、フッ素にはまだ小さい虫歯部分にカルシウムの結晶をつくり、初期の虫歯を治してくれる「再石灰化作用」という働きもあります。このフッ素を定期的に塗布することで、虫歯の予防になります。フッ素の塗布は生えてきて間もない乳歯や永久歯に塗布するのが一番効果的ですが、成人の方でも虫歯予防の効果はあります。

3、シーラント

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を埋めるむし歯の予防処置です。
歯磨きの際に磨き残しが多く、むし歯になりやすいのが奥歯の溝です。特に生え変わったばかりの奥歯の永久歯(6歳臼歯)はむし歯になりやすいです。そこでシーラントでむし歯になりやすい奥歯の溝を埋めることで、むし歯になるリスクを軽減できます。
とても簡単な処置で痛みはありませんので安心してご相談下さい。